その2『Analyticsの設定で行うべきこと』

Analyticsを導入したものの、設定をしっかりしておかなかったために、見るのも嫌になってしまうことがよくあります。

最低限以下の設定まで終えてから使い始めましょう。

目標の設定と目標達成プロセスの設定

単に目標完了ページを設定するだけではなく、入力フォーム→内容確認ページといった、絶対に通らないと不正であるページ経路も登録しましょう。

こうすることで、本来コンバージョンに算入すべきでないクローラーによるThanksページへの直接アクセスや、Thanksページの再読み込みなどが除外できます。

自社からのアクセスをフィルタで除外

正確な第三者のアクセスだけを分析しないと意味がありません。自社やパートナー企業といった運営者側のアクセスはカウントしないよう設定しましょう。

デフォルトのページ設定

Analyticsは、"/"と"/index.html"など、本来同じファイルを指しているものでも、URL文字列の違いがあるために別々に計算してしまいます。

ですから、あらかじめデフォルトのページ("/"で表示されるファイル名)を設定して、統計値を分かりやすくしましょう。

アクセス解析の基礎知識(1)へ アクセス解析の基礎知識(3)へ